スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画レビュー】第9地区(District 9)見た

映画館でも行こうかなっと映画情報をチェックしてたら、
なんだかカオスな設定の映画を発見。

↓要約↓

「ヨハネスブルグ上空に宇宙船が停泊。呼びかけに応じないので痺れを切らして開けて見たら、
中は栄養失調のエビそっくりな宇宙人でいっぱいだった。
しょうがないので専用地区に作った仮設住宅で保護して28年。第9地区は立派なスラムと化した」


なんじゃこりゃー
バカ映画の香り・・・!
そんなわけで軽い気持ちで観賞して来ました。

結論:Bの皮を被った民族問題映画だった

M・I・Bみたいなのを想像してたら全然バカじゃなかったよー!
設定は変だし、笑えるシーンやわざとっぽいつっこみシーンもあったけど、
基本まじめな人が撮ったんだろうな・・・というシリアス展開でした。

宇宙人はエビそっくりといってましたが、ぬめぬめしてて
コールタールぶっかけたみたいな見た目なのであまり食物っぽくないです。
バルタン星人の方がまだエビに近いんじゃないでしょうか。
容姿も違えば文化も違う。言葉も通じないし。そんなわけで厄介者扱いされてます。

主人公は彼らを僻地に移住させるプロジェクトの現場責任者。
奥さんのオヤジさんが会社のCEOなので、いいとこ見せようとはりきりすぎててちょっと恥ずかしいくらいです。

仕事は移住許可書にサインをもらうこと(強制)
宇宙人にサインって・・・?でも一人一人、名前がちゃんとついて(つけられた)みたいです。
サインとか、罰金とか、許可とか申請とかいう言葉を使う癖に、
暴れる宇宙人がいると
「射殺しますか?」
……よくわからない(^q^)
どうやら権利は飾りのようです。

宇宙人の親子が出てくるんですが、人間以上に人間らしかったりして、
鑑賞する人はいつしか目線が宇宙人になっていることでしょう。

第9地区
僕たちの星は月が7個あるんだよね!


主人公(人間)もある意味とっても人間らしくて、
悲しいくらいヒーローとは程遠いしょぼい男なんですが
人格者な宇宙人の親よりは、この自分本位な主人公が自分に近い気はします。
あんまり認めたくないですけど、大多数の人はそうなんじゃないかな。
でも感情移入できないふしぎ!

海外ではだいぶ前に公開されたこの作品。
もともとは人気ゲームHALOの映画化プロジェクトの為に監督が雇われたのですが、
マイクロソフトと決裂したので
監督の作った短編を長編化することにしたのだそうです。

作品はヒットし、
アカデミー賞で作品賞、脚色賞、編集賞、視覚効果賞にノミネートされました。

日本ではついこないだ上映公開されたばかりです。
公開直後とあってカップルが結構来ていて、帰りはちょっと暗い顔で帰ってきましたw
残酷・・・というか、人間の醜さてんこもりなシーンもあるので、デートには向かないだろうなー
自分も予想外な展開に少し沈んだ気分に。

でも、シリアスあり・アクションあり・バカな設定に笑えるシーンもあり、
あらかじめ知って見に行くならいい映画だと思います。
近いテーマを扱っているアバターより、こっちのほうが重たかったですかね。

スポンサーサイト
[ 2010/04/15 02:20 ] 映画みた | TB(0) | CM(2)

【映画レビュー】アバターを3Dで見た(ネタバレなし)

話題沸騰の映画、アバター観てきました!
3D上映は初体験です。ドッキドッキ。

3Dの方式って4種類あるらしく、映画館によって違うんですよね。
IMAXっていうのが一番立体に見えるそうなのですが、残念ながらごくごく一部の映画館にしかありません。
自分の見たのはどうやらXPANDって方式らしく、
比較的座る席を選ばないらしいのですが、一番メガネが重い&見え方が暗いそうです。

ほんとに重かった!そして画面暗かった!
でもちゃんと立体に見えました!
しかし人物とかの奥行きは中途半端です。
ガラスとか、何かの破片とか、草とか、平面的なものが多層に重なっていると
すごくリアルな距離感があって「おぉ」、と思いましたねー

はじめ、中途半端な立体でぶれて見えたんです。
何故だろうと片目をつぶって見ると、右目だけにじんでみえる。
自分は眼が悪くてコンタクトレンズを装用しているのですが、うっかり左右間違えて着けていた様なのです。
普段の生活では全然気づかなかったのに、あのメガネをかけている時はよくわかるのが不思議でした。
暗い中注意しながらつけかえたら、見える見える!!
どうやら左右の視力差があると、きちんと見えないようなので、
出かける時は視力検査をした方がいいでしょうねw

えぇ・・・と肝心の内容なのですが、
自分は期待していたほどではなかったかなぁ、と思いました。

同じキャメロン監督でもタイタニックの方が好きです…と友人に言ったら
色ボケスイーツががまんならない映画、と斬り捨てられてしまったw
へへへ、色ボケがいいんじゃないか。

アバターは面白くなかったわけでは決してなくて、
カメラワークや演出で変なところもなかったし、好きな俳優さんも出てたし、
ファンタジーな星の不思議さとかにはうっとりしちゃったんですけど・・・うーん

登場人物に奥行きを感じられなくて、そんな単純じゃないよなあと思っちゃった。
あと主人公がザ・アメリカだと思った。
細かいところは気にしない方がいいのはわかってるんですけどね。

でも3Dがすごく面白いし、映画館ってのがやっぱり素敵なので
見たいと思っている人は劇場公開中に行くのがいいと思いますよ!
視力には注意!
アバターイラスト
[ 2010/03/01 23:05 ] 映画みた | TB(0) | CM(2)

【アニメ】トップをねらえ全6話が無料で見れるよ

知ったのは結構前なのですが、
今パチンコがらみで「トップをねらえ!」というアニメが無料で視聴できるキャンペーンをやっています。

トップをねらえ!スペシャルサイト

エヴァンゲリオンの庵野秀明さんの初監督作品らしいです。
ロボットアニメとのことですが噂では名作らしいので何話か自分も見てきました。

これはすごいアニメですよ!
第一話からしてロボットが腕立て伏せしてるところからはじまるんですよ!
シュールな光景です。
ロボットから出てくるのは女の子ばっかり、
しかも穴あきブルマみたいなの(体操着?)履いてるんですがどうなのこれ。
こんな子達に若い異性のコーチとかつける学校は問題ありだろー。

どうやら宇宙怪物みたいなのがいる世界らしく、
そいつらと戦う候補生を育てる高校のようで、そのトレーニングのようです。
なぜロボットが基礎体力UPみたいなトレーニングを・・・意味ないだろうどう考えても

似たタイトルのエースを狙えのパロディなのかなと思いますが、
実力ないのに選抜された主人公に対する女子のねちねちとしたいじめとか、
主人公の慕うお姉さまの驚愕のトレーニング方法とか、
いじめっこのラスボス風味な恐ろしさとか、
あんまりロボットに興味のない自分も楽しく見られますねー。

音楽とか、ロボット管理してるとことか、セリフまわしは
かなりエヴァちっくで、原点ここにありといった感じです。
声優さんも似てるかな?

1988年制作と20年以上も前のアニメなのに、絵柄以外はすごく新しく感じました。
期間限定とのことですが、見たことない人はご覧になってはどうでしょうか。おすすめ!
トップをねらえ!
[ 2010/02/10 22:27 ] 映画みた | TB(0) | CM(4)

【映画レビュー】ネタバレなしのテキサスチェーンソー

面白いとすすめられて、いまさらですがテキサスチェーンソー見ました。
テキサスチェーンソービギニングじゃなくて、テキサスチェーンソーです。
2003年の映画で、1974年の悪魔のいけにえのリメイクなんですよね。
ぞわっとした感覚のホラーです。

レンタルした後に気づいたけど見たの2回目でした。
また違った感想を持つかなと思ったんですが、まったく同じ感覚で見ましたね。

仲良しグループがテキサスの田舎旅行をしてるんですが、
運転手の男と
助手席のその彼女、
前日に乗せたヒッチハイカーの女の子、
この子が元から乗ってたイケメンとカップルになって
みんなが車に乗ってるのにエっロいことばっっかりしてて文化の違いを感じます。
そしてめがねの男。首が太いのが印象的。
カップル2組とめがね。めがね視点でみればすでにホラーなわけですが・・・。

運転席と助手席がイチャイチャしてて、道を歩いてる女の子をうっかり轢きそうになってしまうところから話は始まります。
この女の子、轢いてないのにボロボロだし、様子は変だし、
これで男女比一緒になるしめがねも一安心ということで(こんなことは思っていない)
ほっとけないわと車に乗せるのでした。

とまぁ色々あってチェーンソー男に追われる話になるのですが、
ブラックコメディなんだろうかというくらい色々ツッコミどころが多いです。
あと男女混合で旅行しているくせに主人公の女性の衣服がやたらとセクシーで見物です。
グロイグロイと言われてますが、冒頭にちょっとグロがくるくらいで
直接的なシーンはほとんどないです。最近のSAWの方がよっぽどだと思います。

自分の感想としては
キャーキャー騒ぐ女の人が出るホラーは好きじゃないのと、
「バカww」「ねーよwww」でもなく冷静に「いやこうでしょ・・・」とか思っちゃって
なんだかテンション下がっちゃってダメでしたねー
サブキャラ達は結構キャラ立っててよかったと思うんですけども。

悪魔のいけにえは未見なんですが、それも今度みてみようっと。

テキサスチェーンソーレビュー

たいした内容じゃないんですが文字読みにくすぎるので、
次から映画レビュー用の絵はもうちょっと大きなサイズで描きます(´・ω・`)
[ 2010/02/05 00:43 ] 映画みた | TB(0) | CM(1)

ゴッドファーザーを見たんだ

お休みの間に
ゴッドファーザー1・2・3の3部作を全部見ました。
ゴッドファーザー
もうロゴからしてかっこええ

テレビの放送をチラ見して印象的なシーンだけは知ってましたけど、
ちゃんと見たことなかったんですよね。
マフィア物は嫌いじゃないんですけど重たくて長い話が多いので敬遠していて。
で、なんでだか忘れたけどこのたび見る事にしたのです。

ゴッドファーザーって映画は、3作通して
イタリア系マフィアのコルレオーネファミリーの物語。
ドン・コルレオーネ。いわゆるボスです。
ドンの事は親しみをこめてゴッドファーザーと呼ばれます。これがタイトルの由来ですね。
1作目のドン・コルレオーネはマーロンブランドで…もうとにかく渋かっこいいんですよ。
セリフを言うたびに渋さがにじみでて、それでいて貫禄があって懐の広さを感じさせるそのオーラ。
テレビの前でひれ伏しそうになります。

偉大なおやじの血を受け継ぐ息子がアルパチーノ。
2作目3作目も出てくる主役です。
私がアルパチーノを知った時にはすでにおじいさんだったのでした。
しかし、1作目の時はりりしい若者です!
笑顔に愛嬌があったりして甘ったるいイケメンなんですよ。
映画中にどんどん顔に険が出てきます。マーロンの変化といい、俳優ってすごいなあと思う。
アルパチーノbeforeアルパチーノafter
ビフォーアフター・・・

1作目から3作目の間には実に18年もの月日がたってるので、出演者も当然年を取って行きます。
見続けてるとそのうち自分も家族の一員のような気になってくる不思議!
感情移入しまくってるので、家族に不幸が起こると同じように動揺しますw

1作目なんかは心臓がバクバクするような展開だったし、
2作目もあの圧迫感がすごくて悲しかったし、
不評といわれる3作目も自分には面白かったのですが、
意外だったのはDVDに入ってたフランシスコッポラの音声解説がどれも面白かったこと。
やっぱりあれだけの人になると、ただ話してるだけでも面白いんだなあと感動しました。
コッポラの親戚が総出演してたり、意外な事がわかったりしますので、
これから見ようと思う人はぜひ音声解説もみてほしいな。

ゴッドファーザーを見る

[ 2009/12/14 21:56 ] 映画みた | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。