スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猟団員達に嫌われたかと思ってドキドキした

ひっさびさにログインして、「こんにちはー」とご挨拶。
・・・・
返事はない。誰もいないようだ……と思って遊んでいると、しばらくたった後また誰かが
「こんにちはー」

「ちはー」
「こんにちは^^」
「こんにちわ」
「こんにちは~^^」
「こんにちはー」

( ^ω^)?
沢山いるじゃないか・・・
もしかして嫌われてしまったのかな。
ログインしないし狩人祭では役に立たないし、と自分を振り返りつつオドオドしましたが、しばらく経つとそんなことも忘れて狩りに夢中になって、ふとウィンドウを見ると誰かが挨拶してた。
挨拶返すの遅くなっちゃったなあと思いながら「こんにち・・・あっそうか!
ここで、返事できないタイミングもあるってことに気がついたのでした。
激しく狩ってる最中とか返事どころじゃないし。トイレとか行ってるかもしれないし。

オフラインばっかりやってた自分は、どうもまだキャラクターがコンピューターみたいに感じちゃって、『挨拶はなるべくする』とかいう取り決めも不思議に思うところもあったんです。
向こう側に生活してる人間がいるんだってことを頭ではわかってるんだけど、なんか実感できなくて・・・
なんか不思議ですよね。全然違う場所にいて、違うご飯食べたり生活してるのにあの一点でだけ交流してるってのが。などとネット初心者のようなことを言ってみる。

とまあ勘違いでビクついてしまったお話なのですが、交流を殆どしなかったことを反省して、
不器用ながらも多少積極的に近づくようにしまして、初めて猟団の人に遊んでもらったのでした。
ドドブランゴに何度か連れて行ってもらったおかげで太刀のドドが作成できましたよ!
わーいやっぽう

mhf白猿薙(ドド)
スポンサーサイト
[ 2009/11/05 19:39 ] mhf 狩猟記 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。