スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世にも奇妙な物語を見た

おとといピクミンのかたわら、Wiiで見られる番組表をいじっていたら、
「世にも奇妙な物語」の欄を見つけました(4/4日曜放送)

おー。好きですこの番組。
あのテーマソングがまた聴けるんだ!テッテッテレテーテレテーテレテー
「奇妙」って言葉が、ホラーにもギャグにも不思議にもとれて、バラエティに富んでるのがいいですよね。
ということで久々にゴールデン番組を見ました。

今回は
・香里奈が死神っぽいのを見る話『ニュースおじさん、ふたたび』(めざましテレビ)
・塚地が手に入れた幸運の指輪『ナデ様の指輪』(はねるのトびら)
・FUJIWARA藤本のドッペル『もうひとりのオレ』(爆笑レッドカーペット)
・西田敏行がちびまる子に会う話『まる子と会える町』(ちびまる子ちゃん)
・三谷幸喜が脚本に悩む話『台詞の神様』(わが家の歴史←ドラマ)

の5本立て。香里奈と西田敏行以外は本人役です。
実際の番組のコラボ・・・ってまぁ面白いんですけど、
一話ならまだしも全話に実在の物が出てくるってのは内輪っぽさがあってあんまり好きじゃないかも。

その中でド肝を抜かれた西田敏行主演の「まる子に会える町」はこんな話。

***********************************************************************
長年勤めた会社にリストラされた西田敏行。
妻にも先立たれ娘夫婦にもつれなくされて、
ハロワの書類を持って電車に揺られていると、
つくづく世の中に自分の居場所は無いんだなあと思わず涙をこぼす。

いつのまにか電車には自分一人、夕日のさす懐かしい雰囲気の町に着いた。
ここには暖かい人情が残っている。
ベンチに忘れたハロワの書類を持って、追いかけてきた少女。それはまる子だった。
西田はちびまる子ちゃんの世界に迷い込んでいたのだ。
***********************************************************************

ぎ、仰天だよ!だって、まる子アニメなんだもん!
西田敏行はもちろん、その前の登場人物は全部実写なのに!
実写と組み合わせるにあたって、大きさの基準を顔に合わせたまる子は小型犬かってくらいミニサイズでした。
顔でっかいからね・・・・・・
3Dと2Dの融合や!!

一瞬固まったけど、こういうキテレツな話のほうが「世にも~」っぽいかな。
「おじさん、リストラされちゃったんだ」
とか幼女に重たい話を語る西田敏行は確かに奇妙であった。

まる子に会える町
もういいお年なので、転ぶ演技とかドキっとします。
スポンサーサイト
[ 2010/04/06 02:21 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。