スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ネカフェで読む漫画】ボーイズ・オン・ザ・ラン

恋愛漫画が読みたくなったので読んでみました。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 花沢健吾 作
ボーイズ・オン・ザ・ラン

全10巻。
連載中はぱら見した事あったんですが、ボクシング漫画だと気づかないくらいだったのでスポーツ系が苦手な人も気にならないはず。でもこの漫画なんだか鬱になるような恋愛漫画なので、独特の暗いオーラがあってオススメはしずらいです。6巻くらいまでは神展開で一気に読みました。その後も面白いんですけど、作者の意気込みがふーっと抜けてしまったような。

冴えない営業マン田西が、恋したりがんばったりする話です。
漫画らしい大げさな話なんですが、女性の描かれ方が変にリアルなところもあって、あんまりロマンティックじゃない・・・というか人によっては女性不振になるかもしれませんね。

気に入ったのは、ちはるというヒロインが職場の人達みんなと手をつないで出かけるところですかね。
漫画だと天真爛漫なヒロインがやったりしますけど、現実ではあんまりないですよね。
「なんか思わせぶりな子だなあ」とほんのり違和感を感じるようなエピソードが、すこーしずつ丁寧に積み重ねられて人格に重さを出してるので、彼女だけ異様な存在感があるんですよね。これ、モデルがいるのかもしれないなー。

ちょっと心がささくれだってしまったので、
「星の瞳のシルエット」を購入してみましたw
とくん・・・とくん・・・な恋愛漫画をよんで、ピュアーな気持ちを取り戻しますw




[ 2010/10/05 23:25 ] 漫画みた | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guaranablog.blog84.fc2.com/tb.php/185-44627c5b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。